≫トップページ>会社概要

会社概要

会社概要

会社名 株式会社 中央精機
所在地 〒781-8135 高知市一宮南町1丁目8-37
経営者 代表取締役社長 中野 耕喜
設立 昭和43年1月
資本金 2,000万円
正社員 25名
営業品目 プラノミラー/側面加工工作機械/専用工作機械/変・減速機械
取引銀行 商工中金 高知支店/四国銀行 一宮支店

基本理念

  • 一、われわれの会社は、すぐれた機械を造り堅実な経営で、常に顧客の信頼を目指す。
  • 一、その時代の流れを取り入れ、独創の技術をもって、機械の設計を目指す。
  • 一、朝の挨拶から始まり、「整理・整頓・整備・識別」の4Sと「予鈴で準備」は毎日の基本であり、確実な実行を目指す。

沿革

昭和21年10月
土佐市宇佐町にて創業。舶用エンジンの修理等を行う
昭和39年04月
高知市高須に移転し、工作機械の部品加工及び園芸用「ハウスヒータ」の製造販売開始
昭和43年01月
株式会社 中央精機設立、資本金650万円
昭和44年12月
高知市一宮の現在地15,500㎡を高度化資金により購入、工場を新設し、他11社と共に移転(現在5社)
昭和45年10月
小型平削盤「ミニプレーナ」の製造販売開始
昭和52年04月
漁労用機械「モーターリール」の製造販売開始
昭和57年03月
小型プラノミラー(C-16)(C-25)の製造販売開始
昭和59年03月
センタリングマシン「センターC-1」の製造販売開始
昭和60年03月
金型プレート用の、NC付「YX両頭側面加工機」の製造販売開始
平成元年04月
資本金1,000万円に増資
平成元年05月
金型プレート加工機、シリーズ化のため「両頭側面加工機 UCL400H」の製造販売開始
平成06年04月
「NCプラノミラー C25N」の製造販売開始
平成06年10月
「両頭側面加工機 DAI500」の製造販売開始
平成08年07月
高須工場発足
平成10年01月
「小型両頭側面加工機 CS200」の製造販売開始(現在CS300)
平成13年10月
ISO9001:2000認証取得
平成15年03月
「両頭側面加工機 DAI700」の製造販売開始(現在DAI700Ⅱ)
平成16年04月
「両頭側面複合加工機CL+αシリーズ」の製造販売開始
平成19年07月
新工場完成
平成20年03月
資本金2,000万円に増資
平成20年07月
「両頭側面加工機 DAI800」の製造開始
平成21年04月
「小物専用両頭加工機 CS300Light」の製造販売開始
平成24年12月
「両頭側面加工機 CS400」の製造販売開始
平成26年06月
「両頭側面加工機 DAI800 ATC付き」の製造販売開始
平成27年02月
「両頭平面加工機 CT2080」製造開始